県大会   第42回岡山県高等学校総合文化祭演劇部門 第68回岡山県高等学校演劇発表会


平成30年 11月 3日(土) ・ 11月 4日(日) 会場 建部町文化センター
       

講師: 林 成彦(青年団演出部/「高校演劇サミット」プロデューサー)


※ 多数のご来場ありがとうございました。

審査結果
 
 岡山県教育委員会教育長賞 
岡山東商 『あゆみ』
 岡山県高等学校演劇協議会会長賞 
岡山学芸館 『ブタを飼う』
 岡山市教育委員会教育長賞 清心女子 『はなのね』
 山陽新聞社賞 
明誠学院 『悪魔と少女と雪の夜』
 創作脚本賞陽新聞社賞 清心女子高等学校演劇部  『はなのね』
 特別賞 鴨方高校 「見事アオハルに乗れている上演」 に対して
 林成彦賞  倉敷中央高校長女を演じた榎彩花さん  「バランスのとれた演技」 に対して

 ※ 岡山東商,岡山学芸館 が11月24〜25日に とりぎん文化会館 で行われる中国地区高等学校演劇発表会に出場します。


日程:
 11月 3日(土)  
9:40 開会式
 
 
  10:00 @ 岡山工業 『アイアイ』 作: 大元一貴と岡工演劇部 (生徒創作)
  11:25 A 津山 『トシドンの放課後』 作: 上田美和 (既成)
             
  13:05 B 清心女子 『はなのね』 作: 清心女子高等学校演劇部 (生徒創作)
  14:30 C 岡山学芸館 『ブタを飼う』 作: 柳 雅之 (顧問創作)
  15:55 D 鴨方 『アオハルに乗れない。』 作: 鴨方高校演劇部 (生徒顧問創作)
  17:20 E 岡山後楽館 『その通り』 作: 後楽花子 (生徒顧問創作)

 11月 4日(日)  
  9:40 F 倉敷中央 『お引っ越し』 作: 笠原 彰 潤色: 倉敷中央高校演劇部 (既成)
  11:05 G 岡山東商 『あゆみ』 作: 柴 幸男 潤色: 畑澤聖悟 (既成)
             
  12:45 H 総社 『志望理由書』 作: いぐりんとその仲間達 潤色: 総社高校演劇部 (既成)
14:10 I 岡山県作陽 『ボクサー』 原作: 清野和男 翻案: 作陽高校演劇部 (創作)
  15:35 J 明誠学院 『悪魔と少女と雪の夜』 作: 螺子頭斬蔵・栂ア朝香 (生徒顧問創作)
      生徒講評    
      閉会行事    


各校のコメント

@岡山工業『アイアイ』 作: 大元一貴と岡工演劇部 (生徒創作)

見ていただく皆様に笑いと感動を届けたい。岡山工業演劇部は,毎年その思いを胸に活動しています。
今年度は生徒創作台本に挑戦をしています。いつもの岡工テイストはそのままに,より観客の皆様の心を打つような作品になっています。
坂上研究所で作られたAIロボットのアイナが,創動工業高校のロボット研究部の英二をはじめとする部員との触れ合いの中で,人間の心を学習していく物語です。
その過程で,アイナとロボット研究部の部員たちに,どんな困難が降りかかり,どのように乗り越えていくのか,そして,アイナがどのように成長していくのか,ご覧いただけたらと思います。
劇中のキーのセリフとなる「挑戦は成長だ」を胸に,さらに良い作品となるように部員全員で創りあげる舞台を是非お楽しみにしてください。

 

A津山『トシドンの放課後』 作: 上田美和 (既成)

トシドンとは鹿児島の甑島に伝わる鬼です。
そんな甑島の出身である高校二年生のあかねはあるトラブルのせいで学校謹慎になり保健室登校となります。
しかし保健室には見たこともない男子生徒、平野がいました。
そんな平野には何やら秘密があるようで…
部員が7人と少ないですが、全員一丸となって頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします!!

 

B清心女子『はなのね』 作: 清心女子高等学校演劇部 (生徒創作)

現代社会に未だ残る身近な差別――結婚差別問題を取りあげました。
中高生の将来への期待や不安、家族への愛情、差別への怒りややりきれなさ、地元への愛着や複雑な思いなどを、岡山県北のある架空のムラに暮らす母と4姉妹、それぞれの立場から描いた作品です。
「切ないけれど暖かい」、お客様にそんな気持ちになってもらえるお芝居を目指しています。


C岡山学芸館『ブタを飼う』 作: 柳 雅之 (顧問創作)

動物を飼うというのは難しいものです。下に見られてはいけない、かといってストレスを与えてもいけない。気温や衛生面など環境にも気を使い、定期的に様子を確認する。厳しく、大変なことです。そしてそんな難しさが、人の教育に例えられることもあったり。
この劇「豚を飼う」は、農産法人に就職した主人公カホの成長物語。脚本の柳雅之が実際に農産法人で働いた経験を活かした、リアルで、どこか懐かしいストーリー。きっとあなたも、農場に居場所を見つけられるはず。


D鴨方『アオハルに乗れない。』  作: 鴨方高校演劇部 (生徒顧問創作)

数年前、青春(アオハル)に乗るという意味で『アオハライド』という青春映画がヒットしました。この作品は、アオハルに乗れない、そんな人の話です。コメディタッチの作品です。楽しんで観ていただければと思います。


E岡山後楽館『その通り』 作: 後楽花子 (生徒顧問創作)

「何歳までが、子どもなのかな?」
おばあちゃんのいる田舎からの帰り道、バス停でひたすらバスを待つ姉妹。進路や家族との関係に悩みや迷いを抱えている二人が、バス停での出会いをきっかけに自分たちを見つめていく物語。
夢と現実の狭間で私たちは、様々なモノと折り合いをつけていつの間にか大人になっていきます。今その狭間にいる人も、かつて子どもだった人も、ちょっとだけ前向きになれるような、そんな舞台をお届けしたいです。


F倉敷中央『お引っ越し』 作: 笠原 彰 潤色: 倉敷中央高校演劇部 (既成)

住み慣れた家から引っ越すことになった家族が織りなす人間模様。長女と三女が居間で引っ越しの準備をしているが、母から催促されてもなかなかはかどらない。次女は二階の部屋で準備を進めているようである。やがて居間に三人の娘たちが集まり家族の会話が始まってしまう。果たして引っ越しの準備は間に合うのだろうか……。家族の絆、愛情の深さを情感豊かかつ爽快に表現して、観客の心を優しく包みこみます。ゆっくりとご観劇いただければ幸いです。


G岡山東商『あゆみ』   作: 柴 幸男 潤色: 畑澤聖悟 (既成) 

すべての道はわたしにつながる
最後の一歩までどうぞよろしく


H総社『志望理由書』  作: いぐりんとその仲間達 潤色: 総社高校演劇部 (既成)

いくつになっても夢を追い続けることはすばらしい。なかなか思うようにならない現実に直面しても、夢を持ち続けて自らの道を歩んでいきたい・・・。


I岡山県作陽『ボクサー』 原作: 清野和男 翻案: 作陽高校演劇部 (既成)

私たち、作陽高校演劇部は男子4名、女子7名で今回の舞台を上演いたします。作陽演劇部としては初めての翻案にチャレンジしました。前途多難でしたが、最高の舞台をお客様にご覧いただけるよう準備してきました。
かつて「無敗のボクサー」と呼ばれた五十嵐権。ある試合をきっかけにボクシングを辞め、リングの上で一人オセロに興じていると、美術部員が訪ねてくる。
「リングの華を描きたい」という彼女の願いに応えられない権は、代わりにこの道場を描いてほしいと提案するが・・・。

 

J明誠学院『悪魔と少女と雪の夜』  作: 螺子頭斬蔵・栂ア朝香 (生徒顧問創作)

顧問と生徒の合作。マッチ売りの少女がモチーフ。
現実から逃げ悪魔に魂を売った祖母ライアは、悪魔の僕となっていた。母は、現実の中で苦しみながらも生きている。そして少女は、マッチの中の優しい祖母に幸せを求めようとしていた。
それを知った闇の谷の大悪魔は…。